So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

PECOエレクトロフログポイント・補助給電線極性反転スケッチ その2 [Arduino]

前記事のVerSpeedServoライブラリ編です。

「1度送り」の出来ないVerSpeedServoライブラリですが、一応スケッチを書いてみました。

実戦的にサーボの左右の振り幅は15度です。(右83度、左98度)

91度で一旦止めています。

#include <VarSpeedServo.h>
#define LED 23
VarSpeedServo servo_1;

void setup() {
pinMode(LED, OUTPUT);
servo_1.attach(22);
servo_1.write(98);
}

void loop() {
delay(1000);
servo_1.write(91, 3, true);
digitalWrite(LED, HIGH);
servo_1.write(83, 3, true);
delay(3000);
servo_1.write(91, 3, true);
digitalWrite(LED, LOW);
servo_1.write(98, 3, true);
delay(3000);
}



(。´・ω・)ん?

「1度送り」してないのですが、途中で止まるような感じがないですね。

ポイント8基までならVerSpeedServoライブラリを使ったほうが楽ですね。

コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。