So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の1件 | -

新町中レイアウト・スケッチの考察 [Arduino]

新町中総合車両所プロジェクト制御班の親爺ぃです。

た625さんの新町中レイアウト(発展途上中)のスケッチを考えます。

800x800.jpg

新町中総合車両所だけでもポイント数は11基(本線分岐PY1込み)です。

一括制御をするにはここだけでは意味がありません。

藤本レイアウト3線化.jpg

レイアウト総図を見てみると、新町中総合車両所からJR町中駅1~4番線に行けます。

しかも、ルート数もかなりの数になるのが想像出来ますね。(-_-;)

新町中総合車両所各番線とJR町中駅各番線を一括で制御することにします。

そこで、間違いなくルート選択をするために操作盤を設けます。

操作盤-001.jpg
<山中駅3線化の妄想がまだ無かった頃の操作盤>

操作盤の黒丸数字付きが押しボタンスイッチです。

仮に新町中総合車両所1番線からJR町中駅4番線にポイントを一括転換するには、黒丸1番と黒丸20番の押しボタンを押すとルートが開通するようにポイントを一括転換するようにスケッチを書けばいいのですが、制御するサーボ数が23個(?)になるので1枚のArduinoではとても無理です。

サーボライブラリはVerSpeedServoライブラリを使いたいので3枚のArduinoに分散して制御することにします。

分散.png

押しボタンは各Arduinoへ分配して配線し、対応するサーボの転換スケッチを各Arduinoへ書きます。

これで出発番線ボタンと到着番線ボタンを選択すればルートが開通します。

補助給電制御やヤード11番線がらみの給電カットも忘れずに記載します。














コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の1件 | -