So-net無料ブログ作成
検索選択

坪尻信号機の製作 その11 [信号機]

既製品で出来ない長めの梯子は自分で作るしかありません。 

新兵器を使った、縦木・横木(ステップ)共にφ0.3mm の真鍮線を、はんだ付けで組み上げた梯子の試作です。

P1050932.JPG

CADで縦木の間隔2.5mm、横木の間隔2mmの図面を書きます。

P1050933.JPG

ベーク板の図面を置き、その上にマスキングテープの糊面を上にして、周りをマスキングテープで固定します。
(両面テープでは、はんだごての熱で真鍮線に糊がベタベタに着いてしまうので不可)

真鍮線を図面上に仮固定してはんだ付けをするのですが、新兵器を使います。

P1050937.JPG

クリームハンダです。

クリームハンダとは、ハンダの粉末にフラックスを混ぜてペースト状にしたものです。

P1050941.JPG

接続部をまたぐようにクリームハンダを乗せます。

P1050943.JPG
(クリームハンダの量が多かったですね。(-_-;)

半田ごての熱でフラックスが蒸発してハンダだけが残ります。

片手にはんだごて、もう片手でピンセットで横木を抑えて位置を決めながらはんだごてを当てるといいでしょうね。

P1050946.JPG
(こうなったら、ハンダ吸い取り線で余分なハンダを吸い取ります。)

クリームハンダの量がいまいち掴み切れませんが、作業自体は簡単です。

難しいのは、横木用の真鍮線を正確に0.25mmの長さにカットすることです。

P1050947.JPG

糊も付着しないで、きれいに剥がせます。

最後にフラックスを洗い落とせば完了です。

1608や1005のチップLEDのはんだ付けにも、このクリームハンダを使うとかなり楽になるでしょうね。

もっと早く使うべき新兵器のお話しでした。


タグ:鉄道模型
コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

坪尻信号機の製作 その10 [信号機]

主信号機と中継信号機をArduinoで点灯制御してみます。

坪尻駅ホーム上にある中継信号機は「上1出」と連動しています。

 主信号機の「上1出」が赤から黄色に変わると同時に、中継信号機が「停止」から「制限」に切り替わります。

主信号機が「赤」に戻ると、中継信号機も「停止」に戻ります。

その後「下出」が「黄」になっても中継信号機は「停止」のままです。

 

露出オーバーで撮影されてますので、中継信号機の点灯していないランプもうっすら明るいのですが、肉眼では分かりません。


タグ:鉄道模型
コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。