So-net無料ブログ作成
検索選択

新レイアウトの製作開始 [レイアウト]

親爺ぃは迷っていた。

このまま、単線自動閉塞の実験を続けたところで、完成の目途はついています。

実験線を作ったところで、いずれはゴミになるだけです。

それより、いっそのこと新レイアウトに着手したほうが、残りの人生を計算したら、今始めないと間に合わないのではないでしょうか。

なんといっても、親爺ぃの製作スピードは超スローモードですからね。(-_-;)

お気に入りの「坪尻駅」を走行する車両に連動して、信号機が切り替わっていく姿を想像すると、早く作って見てみたい衝動に駆られています。

「単線自動閉塞」が完成したら、次は「ATS」の実験ををやろうと思っていたのですが、これも頭の中では完成しているので、実際、新レイアウト上で実験すればいいことです。

とにかく、生きてる間に1つくらいは、レイアウトを完成したいので、「単線自動閉塞」は終わりにして、新レイアウトの製作に着手したいと思います。

一時、「DCC熱病」に侵されかかっていましたが、この方のお陰でDCCを理解することが出来たと同時に、親爺ぃにはDCCは宝の持ち腐れになることも分かりました。

ArduinoとDCCを比べると「同一ギャップ区間、2列車同時運転」「サウンド」がArduinoでは出来ないことです。(直流運転では無理)

ただ、親爺ぃが作ろうとしているレイアウトでは無用のものでもあるのです。

単線ローカルレイアウトでは、同一ギャップ区間に2列車は入ってはいけません。

そのための「単線自動閉塞」なのですからね。

DCCのいいところを使えません。

「サウンド」にしても、レイアウトを運転する位置から車両を眺める距離を、実際の車両を眺める距離と考えると、かなり離れた高い場所から見下ろす状態です。

実際のところ、その距離から車両の音が聞こえるのでしょうか?

自分が風下位置に居るのなら、微かには聞こえてくるのでしょうが、風上に居ると車両の音はまったく聞こえないと思います。

音はなるべくしないほうが「うるさい!」って怒られることもありませんからね。(-_-;)

車両の加工もマグネットシートを貼るだけで、お気に入りの車両を走らせることが出来ますしね。

以上のことから、新レイアウトはこのままArduino制御でやって行きます。

注)あくまで親爺ぃの個人的な考えを述べただけです。


タグ:鉄道模型
コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 2

Nardi

いよいよレイアウト続行ですね、楽しみです!
確かにDCCの利点の一つであるサウンドは欧米の鉄道模型のように
最初からついてないと面倒ですし、確かにものによってはうるさいです。
そしてNスケールではスピーカーが小さいので音がとても悪い。
ただ蒸気機関車のドラフト音は癒されますねぇ~ふふふ。

製作がんばってください!


by Nardi (2016-06-21 10:52) 

親爺ぃ

Nardiさん、コメントありがとうございます。

>そしてNスケールではスピーカーが小さいので音がとても悪い。
致命的ですよね。
Nならボディをエンクロージャーにして、運転席窓ガラスを外して音を出すとかしないといい音は出ないですね。

>ただ蒸気機関車のドラフト音は癒されますねぇ~ふふふ。
読まなかったことにします。(誘惑には負けないぞ~)

by 親爺ぃ (2016-06-21 11:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: