So-net無料ブログ作成
検索選択

文系人間のための電子工学 その2の補足 [電気の話]

交流波形1.jpg

ここまでの話、交流を少しでもお勉強した方はすべて理解出来ていると思います。

まったくお勉強をしていない方のために、ちょっと補足をしておきます。

交流波形のグラフから、交流くんの走るスピードをどうやって求めたか疑問に思われたと思います。

グラフには「時間t」としか書かれていませんからね。

このグラフを読むには、日本の発電の歴史を知っている必要があります。

時代を、親爺ぃが青っぱなを垂らしていたご幼少のころの、明治時代にタイムスリップします。(そんな歳かよ)

その日、東京電燈(東京電力の前身)会議室では、のちに日本を2分することとなる歴史的な会議が行われていた。

会議室が重苦しい空気に包まれる中、テーブルを囲む出席者の前には、2基の交流発電機が持ち込まれてきた。(意外と小さいのね)

実はこの会社、すでに日本で初めて直流発電機による送電を行っていたのだが、これを決めるのに社内は直流送電推進派と交流送電推進派に分かれ、すったもんだやった経緯があった。

日本を2分する前に、社内はすでに2分されていたのである。(-_-;)

いざ直流送電を始めたわけだが、最近いろいろと問題が持ち上がってきたのである。

最初に口火を切ったのは、交流送電推進派の交流部長であった。

公「だから言ったじゃないか!直流送電なんかしたらこの問題は必ず出るって前に言ったじゃないか!」

直流送電推進派の直流部長が口を開く。

直「まま、コウちゃん、そう熱くならないでよ?」

公「熱いんだよ!銀座のアーク灯に送っている電線が熱いって「お客様相談室」に電話がひっきりなしに掛かってきてんだよ」

直「冬は暖かそうだよね?」

公「ふざけたこと言ってんじゃないよ。ナオちゃんが直流送電に決めたんだろう?」

実はこの二人、幼稚園から大学、そして会社までずっと同じ道を歩んできた幼馴染であった。

直「そうだけどさ~、エジソンさんが直流発電はいいぞ!いいぞ!って言ってたじゃん」

公「ナオちゃんは考えが古いんだよ!交流発電を勧めていたテスラさんのほうが進んでいたんだよ」

直「テスラさんなんて、元々はエジソンさんとこの会社の技術者だったじゃん」

直「会社の直流の仕事そっちのけで、こっそり交流の研究ばかりしてた人じゃん」

公「人の好き好きで、送電を決めたのかい!そんなんじゃ日本の未来もあったもんじゃないな」

公「最近、夜の銀座に行ったことあるか?」

直「よく行くけど、最近ずいぶん明るくなったな」

公「送電線が熱くなっただけじゃなく、真っ赤っかになって明るくなってんだよ」

直「あ~あれか!ネオンだとばかり思っていたよ!」(爆)

公「とにかくこのまま直流送電をやって行くわけにはいかないからな」

直「交流送電かよ。交流は苦手だな。」

公「勉強しなかった、お前が悪い!」

直「で、なんでここに2基の交流発電機があるんだ?」

公「こっちは、発電周波数50Hz、ドイツ・AEG製発電機 (AC 3kV 265kVA)で、こっちは関西電燈(関西電力の前身)が採用を決めた発電周波数60Hz、アメリカ・GE製発電機 (AC 2.3kV 150kW)だ」

直「どっちがいいんだ?」

公「直流発電機でアメリカは懲りたから、今度はドイツがいいと思う」

直「でも、関西が60Hzなら、こっちも合わせたほうがいいんじゃないか?」

公「いや!関西が60Hzだからあえて50Hzを選んだ方がいい」

直「真似したと思われるのもシャクだし、関西の奴らのエリア食ってやるか!」

公「それに交流の苦手なおまえにも50Hzのほうが計算が少しは楽だろう」

直「なんだかんだ言っても、コウちゃんは優しいねぇ」

な~んて会話があったかは知りませんが、日本の発電所からおよそ、富士川(静岡県)と糸魚川(新潟県)を境に東側は50回(50Hz=ヘルツ)、西側が60回(60Hz=ヘルツ)と2分されたのです。

交流って、くねくねした波ですね。

東電が発電した交流の電気は、1秒間に50回(サイクル)も極性が変化しているのです。

グラフはその2.5 回(サイクル)の図なので、50を2.5で割って20、1秒の1/20だから0.05秒ってなります。

交流波形2.jpg

前回の「交流くん」の走行グラフはこうなります。


タグ:DCC
コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 2

Nardi

面白いw
だけど周波数だけで終わっちゃった!

ミラー「………」

エジソンはウェスティンハウスとテスラが手を組んでどんどん
成長して行ったので交流がいかに危険かというネガティブ
キャンペーンを何度もやるからイメージ悪いですよね。
GEもウェスティンハウスも今でもすごい企業ですけど。

引き続きゆる〜くお願いします。
by Nardi (2016-06-09 13:37) 

親爺ぃ

Nardiさん、コメントありがとうございます。

ミラーさんとコウちゃんの密談の話を書けというのですか?
「越後屋、お主も悪よのぅ」って、(笑)
by 親爺ぃ (2016-06-09 14:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: